中央日産株式会社
  1. HOME
  2. おすすめ情報
  3. 地域イベント
  4. 日産のモノづくり発展の場、追浜工場イベント

日産のモノづくり発展の場、追浜工場イベント

追浜工場正面590x390

Photo:日産自動車の生産拠点である追浜工場

快晴の6月28日(日)は、日産のモノづくりの場として発展してきた追浜工場で
日産車フェアを開催しました。

追浜工場池付近風景590x390

Photo:工場の池には、鯉がいました。

追浜工場は、電気自動車である日産リーフと、ジューク、キューブ、シルフィといった
乗用車を組み立てています。
ガソリン車と電気自動車を同ラインで組み立てている、スゴイ工場なんです。

モノヅクリ590x390

Photo:日産のモノづくりを学ぼう!

モノづくりの発展に寄与してきた場で、自動車の組み立てを通して、
仕組みや工夫を学ぶ、「NISSANモノづくりキャラバン」を開催。

日本の基幹産業である自動車製造に興味をもってもらうため、
「触って楽しく」をコンセプトにモノづくり体験を子供たちに行いました。

モノヅクリ子供たち590x390

Photo:真剣に耳を傾けている子供たち

日産のモノづくりキャラバンの隊長である岩田さんと中島さんにより、体験授業が進められます。

小学校の課外授業として、すでに約12,000人の生徒さんに教えているとのこと!
これをキッカケに、モノづくりの大切さや興味を感じてもらえたら、嬉しいかぎりです。

モノヅクリ組立590x390

Photo:レゴブロックの組み立て方

まずはレゴブロックを使って、チームでクルマを組み立てし、チーム毎に制作時間を計測します。
この日、チームの5人でどの工程を担当するか役割分担し、1台めを制作します。

子供たち: 「どうやったら早く組み立てられる?」

チームのみんなで話し合い、どこを工夫したらよいか、カイゼンします。
協力して行うことで、仲間を助ける大切さを一緒に学ぶことができます。

モノヅクリ道具390x590

Photo:ピンボードの指先トレーニングで器用さが分かる!?

モノづくりは、手や指、触感も大事!
五感でフルに感じておこなう、ピンボードによる指先訓練にもトライ☆

一緒にきているパパもママも、子供たちが真剣に取り組む姿を温かく見守ってました。

 

女性向け講習ハンドル590x390

Photo:女性向け講習で車庫入れにチャレンジ!

追浜のイベントでは、車庫入れが苦手な人が多い女性向けに、ドライブ講習会を行っています。

運転するときの姿勢や車庫入れを約20分間の実技・説明で体験できるのですが、
この日の担当である森さんは、追浜工場専用のテストコースである追浜グランドライブで、
日産の先進技術等の開発に従事されている方。

懇切丁寧に説明いただきました。

女性向け講習590x390

Photo:運転シートのボジショニングが大事です☆

① まず、運転席シートに奥深く座ります。
森さん:「こうすることで、腰が痛くならないんですよ。」

② シートの前後位置を合わせます。
森さん: 「シートが深すぎると、ペダルを踏んだときに力がかからないんです。」

③ 背もたれの位置、そしてヘッドレストの高さを調整します。
④ シートベルトをかけたら、ゆるみを確認します。
⑤ ミラーを調整し、ハンドルの持ちかたを時計の9時15分の位置にします。
森さん: 「これで運転姿勢の準備は万端です。では、車庫入れを行いましょう。」

女性講習アラビュー590x390

Photo:デイズルークスのアラウンドビューモニターで簡単駐車!

女性に人気のデイズルークスで、空から見下ろしたように駐車ができる
「アラウンドビューモニター」を使って、点線の先にある白線内に車庫入れします。

トップビューとバックビューで、周囲の状況を確認しながら、スイスイ駐車が出来ちゃいます。

もちろん!ハンドルをきるタイミングを説明してくれますので、自信のない方でも安心です。

女性講習講師590x390

Photo:ご覧の通り!白線内に停めることが出来ました。

ほら、この通り!しっかり枠内に駐車することが出来ました。
追浜工場に出掛けたら、ぜひ講習を受けてみてくださいね。

プリンス神奈川商談会テント590x390

Photo:プリンス神奈川の旗がなびく、大商談会

 

次回は、2016年1月31日(日)に開催予定です。 お楽しみに~

PAGE TOP