中央日産株式会社
  1. HOME
  2. おすすめ情報
  3. 地域イベント
  4. 東京モーターショー2015日産ブースに行ってきました。

東京モーターショー2015日産ブースに行ってきました。

TOKYOMOTOR2

2015年10月29日(木)~11月8日(日)まで開催される、
東京モーターショー2015に行ってきました。

今回のモーターショーのテーマは、「TECHNOLOGY×FANTASY」。

最新テクノロジーとの出会いによる、心躍る体験を届けたい、という思いを表現しているそうです。


TOKYOMOTOR15

日産は、「技術の日産が人生を面白くする。」をキャッチコピーに、
自動運転のコンセプトカーや電気自動車(EV)技術を活かした
ハイブリッドEVシステム車、今の若い世代に向けた”繋がり世代”への
シェアを楽しめるコミュニケーションカーなど、多彩なラインアップ!

今回、日産のコンセプトカー中心に、情報をお届けします!

TOKYOMOTOR14

コンセプトカー NISSAN GRIPZ

2015年9月のフランクフルトモーターショーで初披露されたクルマです。

新しいタイプのスポーツクロスオーバーデザインで、
日産リーフで培った電気自動車(EV)技術をベースに、
ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載しています。

ガソリンエンジンで発動した電気で、駆動させるシステムです。


TOKYOMOTOR12

フェンダーやホイールまわりには、アクティブさやスポーティーさも感じられますね。
ラリーカーやスポーツ自転車にインスパイアされて、デザインしたようです。

次期型ジューク、とも言われていますが、このクルマのコンセプトが反映されたら、
もっと 楽しくなるような気がしてきます!

TOKYOMOTOR17

コンセプトカー NISSAN IDS

空間全体がトランスフォームできる、ドライバーの意思が通じるコンセプトカー。

TOKYOMOTOR16

AI(人工知能)が状況を認知・判断する自動運転や、
人とクルマのコミュニケーションを実現するなど、
未来的なビジョンが搭載されています。

日産が目指す”自動運転技術”を最大限このクルマに込めた、という感じです。

TOKYOMOTOR7
コンセプトのトランスフォーマーは、運転モードを「マニュアルドライブモード」と
「パイロットドライブモード」という2つの気分に合わせて変更させ、
同時に室内のインテリアもぐぐっと表情を変えるように変化させます。

「パイロットドライブモード」では、運転席のハンドルが仕舞われ、
シートがリラックスできる位置に動き、
自動運転技術によるドライブモードに切り替わります。

対して「マニュアルドライブモード」は、ドライバーが運転を楽しめるように、
フロントガラスにコーナリングや速度などの情報を表示させます。
クルマがドライバーの信頼できるパートナーになれるようなコンセプトカーでした。

 

TOKYOMOTOR8

コンセプトカー TEATRO for DAYZ

インターネットによる繋がりがコミュニケーションを円滑にしている今、
未来になったときにはこのクルマのように、
インストルメントパネルがコミュニケーションボードとして使われたり、
ゲームやインテリアをシェアできたり、ということになっているかもしれません。

TOKYOMOTOR10

車内は白で統一されており、白いシートと少しの操作機器で、自由なアイデアによって
クルマの新しい楽しみ方を演出しています。

新しい世代の人が持つクリエイティビティさを表現できるようにカスタマイズが可能。

このクルマは、いま自分たちが片時も離さないスマートフォンのような
新しいデジタルデバイスの一つとなって、より楽しめるプラットフォームなれるという
新しい提案です。

TOKYOMOTOR9

今回、プロジェクションマッピングで、その自由な創造性を楽しめることが出来ました。

私が見たときにはトラ柄だったのですが、とてもキュート。
他にもグリーンやシマシマなど、個性豊かに変化することができます。

実際にこんな風にインテリアを変えることが出来たなら、友達や家族、知人にシェアしたくなりますね!


TOKYOMOTOR5

そして、最後のコンセプトカー NISSAN CONCEPT2020 VISION gran turismo

こちらは2014年に英国で発表された、
ゲーム「グランツーリスモ」のバーチャルカー。

※「グランツーリスモ」は「プレイステーション®」の専用ソフトウェア。

TOKYOMOTOR3

戦闘機のようなフォルムで、とても存在感を放っていました。

バーチャルカーとはいえども、空力性能も考えられたデザインになっているそうです。
このメタリックなレッドカラーが、シビれさせます。

TOKYOMOTOR6

流線型のフォルムやサイドラインは、NISSAN GT-Rを彷彿させるようなイメージ。
リヤテールランプもカッコイイですね。

TOKYOMOTOR1

というわけで、いかがでしたでしょうか?

このように日産ブースでは、とても楽しいコンセプトカーが展示されており、
既販車の日産リーフなどの電気自動車、デイズ、キューブなどのコンパクトカー、
NISMO車も多数展示しています。

ぜひ、期間中にご覧になってくださいね。

PAGE TOP